ポケモンの名前の由来の英語を勉強してみよう【シンオウ地方その3】

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

リキトです。

 

元いじめられっ子リキト
リキト

今日はシンオウ地方のポケモンで名前に英語が使われているポケモンを紹介し、どのように英語が使われているのかを紹介&解説します。

今回はNo.463〜No.493まで、ホウエン地方は今回で最後です。

 

No.427〜No.458は「ポケモンの名前の由来の英語を勉強してみよう【シンオウ地方その2】」で解説しています。

ポケモンの名前の由来の英語を勉強してみよう【シンオウ地方その2】

2019.05.31

 

シンオウ地方の英語が由来になっているポケモンその3

ベロベルト

ベロベルト

  • belt(ベルト、帯、帯状のもの)

ベロ + ベルトベロベルト

ベルトのように長いベロという意味で、ベロベルトです。

 

ドサイドン

ドサイドン

  • don(位の高いものの敬称)

超弩級(ちょうきゅう) + サイ + ドンドサイドン

 

超弩級とは他のものと比べてかなり大きいことを意味する言葉です。

サイドンの進化系でさらにすごくなったサイドンという意味でドサイドンです。

 

モジャンボ

モジャンボ

  • jumbo(巨大なもの、巨漢)

もじゃもじゃ + ジャンボ モジャンボ

 

モンジャラが進化して大きくなり、もじゃもじゃしているので、モジャンボです。

モンジャラ

 

エレキブル

  • electricity(電気)
  • cable(ケーブル、電線)

 

エレクトリシティー + ケーブル → エレクトリティ + ケーブル →  エレキブル

二本の電気を通すケーブルのような尻尾を持っているモンスターということで、エレキブルです。

 

ブーバーン

ブーバーン

  • boost(増加、押上、加速)
  • burn(燃える、焼ける)

ブースト + バーンブーバーン

 

ブーバーの進化系であり、さらに体内の温度を増加して燃えるという意味で、ブーバーンです。

ブーバー

 

トゲキッス

トゲキッス

  • kiss(キス)

トゲチック + キストゲキッス

 

トゲチックの進化系で、キスをキッスにしてトゲキッスです。

トゲチック

メガヤンマ

メガヤンマ

  • mega(大きい、100万倍の)

メガ + ヤンヤンマメガヤンマ

 

ヤンヤンマの進化系で、更に大きくなったヤンヤンマという意味でメガヤンマです。

ヤンヤンマ

リーフィア

リーフィア

  • leaf(葉、木の葉、草の葉)
  • -er(-するもの、比較級を表す接尾辞)

リーフ + イアリーフィア

 

光合成をするために周りの空気を綺麗にするポケモンで、より自然を綺麗にし、光合成は葉が育つのに必要なものという意味合いでリーフィアです。

 

グレイシア

グレイシア

  • gracier(氷河)

そのまま、グレイシアです。

 

グライオン

グライオン

  • glide(滑空、滑走)
  • scorpion(さそり)

グライド + スコーピオングライオン

 

とびさそりポケモン、グライガーの進化系で、普段は木にぶら下がっており、獲物を見つけたら滑空して捕まえることからグライオンです。

 

マンムー

マンムー

  • mammoth(マンモス、巨大なもの)

マンモス + イノムーマンムー

 

イノムーの進化系で、mammothの「th」を取って、mammoでマンムーです。

イノムー

ポリゴンZ

ポリゴンZ

  • polygon(多角形)

ポリゴンの最終進化系であることとアルファベットの最終文字のZをつけて、ポリゴンZです。

ポリゴン

 

エルレイド

エルレイド

  • elbow(ひじ)
  • blade(刃、刀身)

エルボー + ブレイドエルレイド

 

ひじに伸び縮みする刃がついていることから、エルレイドです。

 

ダイノーズ

ダイノーズ

  • north(北の、北)
  • nose(鼻)

大きい鼻という意味合いでダイノーズです。

 

ぶんるいはコンパスポケモンであり、ノズパスの進化系でより大きくなり、コンパスは北を指すことと鼻の英語のノーズとかけてダイノーズです。

 

ロトム

ロトム

  • motor(モーター)

motorを逆さにすると、rotomとなることからロトムです。

 

ユクシー

ユクシー

  • UMA(未確認生物)
  • pixie(妖精)

ーエムエー + ピクシーユクシー

 

UMAとはUnidentified Mysterious Animalの略で、未確認生物という意味です。

未確認生物の妖精という意味でユクシーです。

 

エムリット

エムリット

  • UMA(未確認生物)
  • spirit(魂、心、精霊、超自然的存在)

ユーエムエー + スピリットエムリット

 

未確認生物の精霊と言う意味でエムリットです。

 

アグノム

アグノム

  • UMA(未確認生物)
  • gnome(子鬼、土の精霊)

 

ユーエムエー + グノーム → ユーエム + グノ +  → アグノム

gnomeはノームと読みますが、ここではグノームとよんでます。

 

ディアルガ

ディアルガ

  • diamond(ダイヤモンド、金剛石)
  • dial(ダイヤル、文字盤)
  • dyarchy(二頭政治)

 

ダイヤモンド(diamond) + ダイヤル(dial) + ディアルキー + 牙() → ディア(dia) + ディアルキー(dyarichy) + 牙 → ディアルキー + 牙 → ディアルガ

 

diamondとdialはdiaが共通の文字で、これをディアと読みます。

そして、二頭政治という意味のdyarucyとダイヤモンドとダイヤルの造語のdiaと合わさって、diarucyとなって「ディアル」まで完成します。

 

そして、ドラゴンは牙を持っていおり、牙は「が」と読むので、最後に「ガ」を足してディアルガです。

 

パルキア

パルキア

  • pearl(真珠)
  • dyarchy(二頭政治)

+ ディアルキアパルキア

 

ディアルガは時間を、パルキアは空間をそれぞれ司るポケモンであり、それを二頭政治に例えています。

二頭政治のギリシャ語はディアルキアといいます。

 

ヒードラン

ヒードラン

  • heat(熱、熱気、暑気)
  • dragon(竜)
  • hydra(ヒュドラ)
  • land(着地する)

 

二通りの場合が考えられます。

ヒート + ランド → ヒード + ラン → ヒードラン

火山に生息しているポケモンで、壁につめを食い込ませて這い回る様子から、壁をまるで地面に着地して動き回ることからヒードランです。

 

○ヒート(heat)+ ヒュドラ(hydra) + ドラゴン(dragon) → ヒードラ(headra) + ドヒードラン

 

ヒュドラとはギリシャ神話に登場する9つの頭を持つ蛇のことです。

日本神話でいうところのヤマタノオロチみたいな怪物です。


ヒュドラ

ヒュドラは火を吐くと言われています。

火山に生息していることから、ヒュドラと讃えられ、また、ドラゴンは蛇の種類に分類されることからヒードランです。

 

ギラティナ

ギラティナ

  • girasol(ジラソル)
  • platinum(プラチナ、白金)

ジラソル + プラチナ → ギラソル + プラティナギラティナ

 

ジラソルとはミルキークォーツと呼ばれる白っぽく色づいた水晶の一種で、その中でも、光が反射するものです。

ジラソル
ジラソル

  • このポケモンのタイプはゴースト・ドラゴンタイプである
  • 幽霊はなかなか目に見えない
  • プラチナが透き通っているぐらい綺麗なこととジラソルの光を反射するぐらい透き通っていることをかけている

から、ギラティナと考えられます。

 

ちなみにギラティナは、第4世代のダイヤモンド・パール・プラチナのパッケージになっているポケモンです。

 

クレセリア

クレセリア

  • crescent(三日月)
  • Selene(セレナ)
  • clear([月や星などが]明るい)

クレセント + セレナ(Selene) + クリア(clear) → クレセント + セリ (Selenea) → クレセリア

 

セレナとは月の神様のことで、セレーネーともいいます。

セレーネーとエンデュミオン
セレーネーとエンデュミオン

  • 月の神様
  • 三日月を象徴するポケモン
  • 神と崇められるぐらい明るい

以上のことからクレセリアであると考えられます。

 

フィオネ

フィオネ

  • fairy(妖精)
  • clione(クリオネ)

フェアリー + クリオネ → フィ+ クリオネ  → フィオネ

 

(次のマナフィで説明します)フェアリーを短くして、fy(フィ)でクリオネのオネをつけてフィオネです。

 

マナフィ

マナフィ

  • mana(マナ)
  • fairy(妖精)

マナ + フェアリー(fairy) → マナ + フィ(fy) → マナフィ

 

マナとは太平洋の様々な小さい島の神秘的な力の源の力のことです。

太平洋とは世界最大の海です。

 

このポケモンは生まれた時から神秘的な力を持っており、また身体の80%が水で、空気がほとんど存在しません。

身体に空気がほとんど存在しないという意味からfairyからairを取って、mana(マナ)とfy(フィ)をかけてマナフィです。

 

ダークライ

ダークライ

  • dark(暗い、暗黒の)

ダーク + 暗(くら)ダークライ

 

ダークと暗いがそのまま合わさってダークライです。

 

アルセウス

アルセウス

  • alpha([物事・順序の]初め、1番目のもの)
  • archaeus(アルケウス)

alpha + archaeus → alchaeus(アルセウス)

アルファ + アルケウス → アルファ + アルセウスアルセウス

 

cはさしすせそ調で読んでいます。

 

アルケウスとは、パラケルススという過去に実在していた人が提唱している体と魂を結合する霊的な気体のことです。

パラケルススは本名テオフラストゥス・(フォン)・ホーエンハイムと言います。

パラケルスス
パラケルスス

 

アルは字かぶりです。

このポケモンは世界を作り出したポケモン、つまり、世界で最初のポケモンということです。

世界を作ったということはポケモンの肉体と魂を結びつけたとも言えます。

 

以上がシンオウ地方のNo.463〜No.493までのポケモンです。

次回からイッシュ地方のポケモンを紹介します。

 

お楽しみに。